「ヤマト運輸」LINE公式アカウントに会話AIを活用した荷物問い合わせ機能を追加

FireShot Capture 391 - これからは、LINEで宅急便!_ - http___www.kuronekoyamato.co.jp_ca
LINEで送る
Pocket
Share on LinkedIn
Bookmark this on Google Bookmarks

ヤマトホールディングス傘下のヤマト運輸株式会社(本社:東京都中央区・代表取締役社長:長尾 裕 以下ヤマト運輸)は、6月27日より、「ヤマト運輸」LINE公式アカウント※に、会話AIを活用した荷物問い合わせ機能を追加した。荷物の状況の確認やお届けの日時・場所の変更がより一層スムーズになる。

1.背景
同社は、本年1月19日より、「ヤマト運輸」LINE公式アカウントを開設し、荷物を受け取る利用客に、お届け予定日時の事前通知やお届け時に不在だった場合の通知を「LINE」のメッセージで知らせるサービスを開始した。日常的に利用する「LINE」で、お届け日時や場所を簡単に変更できるようになり、「LINE」ユーザーから大変好評を得ている。一方、荷物問い合わせの機能を使う場合は、ヤマト運輸のWEBサイトに移動しなくてはならず、「LINE」ユーザーから、「LINE」の中で完結してほしいという要望が多数あった。

d14314-59-126021-22.概要
(1)サービス内容
「ヤマト運輸」LINE公式アカウントで、会話をするような感覚で荷物状況の確認やお届け日時・場所の変更ができる。

(2)「LINE」ユーザーのメリット
① 「LINE」の中で荷物問い合わせが完結するので、ヤマト運輸のウェブサイトへ移動する必要が無くなる。
② 会話のなかでお届け日時や場所の変更を自然に提案されるので、お客さまはより都合の良い受け取り方法へスムーズに変更できる。
③ 荷物問い合わせ以外にも、各種サービスの料金やサービス内容の確認も会話を通じて可能になる。

(3)サービス開始日
平成28年6月27日(月)

(4)料金
無料(「LINE」は無料アプリケーションであり、「ヤマト運輸」LINE公式アカウントの各メニューも無料だが、ダウンロード時や利用時には通信料金がる。)

3.今後について
ヤマト運輸は「LINE」を利用したサービスを今後ますます拡充予定。また、会話AIの活用をさらに進め、利用客が電話やEメールなどを使って荷物の状況を問い合わせる手間を解消し、利用客の負担を最小限にしていく。

※:「ヤマト運輸」LINE公式アカウントについて
本年1月19日より、クロネコメンバーズのクロネコIDと「LINE」の連携開始。公式アカウントのトーク画面で「お届け予定メッセージ」と「ご不在連絡メッセージ」を配信し、お届け日時や場所の変更が、日常的に利用する「LINE」から利用できる。
※サービス紹介ウェブサイト:http://www.kuronekoyamato.co.jp/campaign/renkei/LINE/index.html

※プレスリリース「ヤマト運輸が「LINE」を活用し、宅急便をますます便利に(平成28年1月15日)」:
http://www.yamato-hd.co.jp/news/h27/h27_88_01news.html

【参考】クロネコメンバーズとは
2007年11月に開始した、入会費・年会費・利用料無料の個人の方を対象としたヤマト運輸の会員制サービス。宅急便を送る際に、送り状を手書きする手間を軽減する「らくらく送り状発行サービス」や「送り状発行システムC2」、お得に宅急便が送れる「クロネコメンバー割」、荷物のお届けをお知らせする「お届け予定eメール」、ご不在時にお届けに伺ったことをお知らせする「ご不在連絡eメール」など、便利でお得なサービスを提供している。
クロネコメンバーズサイト:https://cmypage.kuronekoyamato.co.jp/portal/entrance

関連記事

厳選企業プロファイリング

  1. rogo
  2. logo_uzuz
  3. wiplogo_l
  4. キャプチャ
  5. 1922419_701987179888493_5801463508952180540_n
  6. 1383389_618933884821120_246374072_n
  7. logo_s
  8. csc_logo白背景用
  9. sqbizteclogo
  10. czMjYXJ0aWNsZSMzMDQ5OCMxNDkwMzAjMzA0OThfc29rZXVRakN6cC5wbmc
ページ上部へ戻る