事業を興したい人と地域資源・人材とのマッチングサービス『LOCA PASS』開始

FireShot Capture 384 - 地域とつながるパスポート・ロカパス(LOCA PASS) - https___machibouken.com_locapass_
LINEで送る
Pocket
Share on LinkedIn
Bookmark this on Google Bookmarks

人と人をつなぐ新サービスや仕組みをつくる、ボノ株式会社(所在地:東京都文京区、代表取締役:横山貴敏)が、事業を興したい人と、地域に隠れた資源・人材をマッチングするBtoBサービス『LOCA PASS(ロカパス)』を 6月22日よりオープンした。珍しい特産物の生産者や、有力なコネクションを持つ人物など、外部からは見えない地元の実力者とアイデアが融合することで、地方創生を「しごと」の力で実現。年内に全国で登録キーマン数5,000件を目指す。
※現在は無料サービス
▼LOCA PASS(ロカパス):http://locapass.jp/
czMjYXJ0aWNsZSM0NzE4OCMxNjQzMjUjNDcxODhfRk9MQVBzUlpOUS5wbmc
■隠れた地元のキーマンと新しいアイデアが生み出す「自走」可能な地域振興
地方とつながるローカル・パスポートを意味する『ロカパス』は、日本各地で活躍する「地元のキーマン」を見つけ・つながるための、新しいWebサービス。今や、あらゆる情報はインターネットで探せる、とも言える状況だが、ローカルなエリアで高い価値を持つ本物の「キーマン」の情報は、ネットで手に入れることはできない。現状でも、一部の団体や個人による情報発信は存在するものの、それらは全国に埋もれている価値のほんの一握りにすぎない。また、バラバラに点在しているため「網羅された情報から選び取る」ことは困難な状況。そのような、「地元のキーマン」=「地域の価値」とつながるためのパスポートとして、『LOCA PASS』はスタート。ローカルの特色を活かした事業アイデアを持つ起業家や、既存サービスの新たなパートナーを探している事業者などを、同サービス上で網羅された日本各地のキーマンとピンポイントで結びつける。ロカパスを通して、一過性ではない地方創生を「しごと」の力で実現し、自走しながら今後100年続く「まち」を、日本中に生み出していく。

■各地で活躍する多種多様な登録キーマン
『LOCA PASS』登録キーマンは、他の地域にはない珍しい特産物の生産者や、ローカル色を活かした商売を展開する事業家、地域に有力なコネクションを持つ人物など、能力や得意とする分野が多岐にわたる。

登録キーマン一例:
・京都府宮津市で昔から地元の人に食べられてきた「一刻干し」という魚の干物の生産者
・こだわりの「シードル」(リンゴの発泡酒)を開発したフレンチシェフ
・伝統工芸×機能性×オシャレの化学反応「山ストール」開発者
・「スラックライン」(低く張ったロープの上で楽しむスポーツ)を市内の中高生に提供しているアウトドアの体現者
・地域の人100人以上と太いパイプを持つコーディネーター
・役所の人間も頼りにする自治会長
・第六次産業化のプロフェッショナル
他多数

■『LOCA PASS』のマッチング事例
ムクー株式会社様「やさいのじっけんばこ」など
・野菜を使った食育コンテンツを作る企業と、100人以上の会員を持つ有機農家をマッチング
(ロカパスの前身となる「まち冒険プロジェクト(※1)」時代の事例。)

その他のマッチングも現在進行中。

■事務局を通して構築する安心・安全なコネクション
適切なマッチングを提供するために、ロカパスでは、事務局を通したコンタクトを用意している。他のエリアから、とっておきのアイデアを持ち込みたい個人・法人に対しては、事務局が特定分野の「キーマン」を探すお手伝いをする。また、「キーマン」に対しては、引き合いのあった個人・法人を単に紹介するのではなく、双方に相乗効果が生まれるよう配慮し、一定のフィルタリングをかけて案内する。

■地方創生を掛け声だけで終わらせず、100年続く「まち」の創出を支援
同社では、登録キーマン数をより増やして行くため、今後も、実績の公開や新しいワークショップ企画など、プロモーション活動を広く展開する。また、地域活性を行うNPOや地域おこし協力隊などの団体とも連携し、年内には登録キーマン数5,000件を目指して、活動していく。日本国内においては、インフラとしてのネット回線は充実しているが、「人と人をつなぐ」という観点からは、インターネットが十分に機能しているとは言えない。同社は、エリアの外からは見えにくい「地域の価値」を可視化することで、その土地独自の価値を見出すキッカケが生まれると考えている。同サービスを運営することで、地方が持続性のある価値を創出する一助となるべく努力していく。

(※1)「まち冒険プロジェクト」について
都心の大学生と地域の人々の「異世代・異文化交流」を通して、ローカルの「価値」や「技」、そして「人」を可視化し、形にしてゆくプロジェクト。どぶろくの製造許可を取得した団体と女子大生がコラボして商品開発を行うほか、地域おこし協力隊と建築家・大学生の三者らが協力して、誰でも作ることができる小屋のキットの開発するなど幅広く活動中。ロカパスのキーマン発掘にも貢献。

【ボノ株式会社について】
所在地:〒112-0014 東京都文京区関口1-29-6, 1F
代表者:代表取締役 横山貴敏
設立日:2008年7月10日(創業1998年)
資本金:5,000,000円
URL:http://bono.co.jp/
事業内容:
・新商品・新規事業の開発支援
・システム開発
・デザイン制作
・人材紹介・採用支援・SES 等

関連記事

厳選企業プロファイリング

  1. arrange_cat01
  2. logo_uzuz
  3. sqbizteclogo
  4. キャプチャ
  5. 11109558_1614708622079155_8990917846533106872_n
  6. d11508-16-850546-3
  7. czMjYXJ0aWNsZSMzMDQ5OCMxNDkwMzAjMzA0OThfc29rZXVRakN6cC5wbmc
  8. inbloomtop
  9. rogo
  10. usageelogo
ページ上部へ戻る