【ネット炎上速報2016年5月版】 前年同月比 約31%の増加

FireShot Capture 340 - 株式会社エルテス - リスク検知に特化したビッグデータ解析 - https___eltes.co.jp_
LINEで送る
Pocket
Share on LinkedIn
Bookmark this on Google Bookmarks

リスク検知に特化したビッグデータ解析によるソリューションを手掛ける株式会社エルテス(代表取締役:菅原貴弘、東京都港区)は、2016年5月のネット炎上についてまとめた、「ネット炎上速報2016年5月版」を発表した。

ネット炎上速報とは、リスクに特化したビッグデータ解析を得意とする当社が、前月のネット炎上件数を独自に算出し発表するマンスリーレポート。同レポートを毎月公開していく事で、企業や社会が抱えるデジタルリスクへの意識喚起を行っている。
※ネット炎上とは…現時点において、ツイッターで50回以上のリツイートがされ、特定のまとめサイトにまとめられたものから当社が“炎上”としたもの

■2016年5月の概況
5月のネット炎上件数は前年同月比31%増の93件となった。炎上の発生主体として多かったのは、一般人が35%と最も多く、企業(23%)、政治家(11%)と続いた。また、熊本震災の報道に対する批判などが増加していることから、マスコミの炎上が9%と、テレビ番組の内容が原因で炎上するケースが増加した。
d4487-71-436599-1<今月のTOPICS>
・公務員の女性が停職中に蟹を食べたなど旅行中の様子をFacebookに投稿し炎上
副業が発覚して停職処分となった公務員の女性が停職中に「ママ友と海鮮ざんまい」など旅行先で食べたものの写真等を自身のFacebookに投稿したところ、「停職中なのに不謹慎だ」などと住民らから批判が寄せられたのを受け、懲戒免職処分となった。

【解説】
この炎上には次の側面がある。
◇議論型炎上
議論型炎上とは、炎上のもとになった内容に対する意見がインターネット上で分かれることでさらに炎上が過熱するタイプのもの。批判する人・擁護する人に分かれる内容は、誰が見ても批判される単純な内容よりも激しく炎上、長期化する傾向がある。今回のケースの場合、停職中に遊んでいることが「不謹慎」だとして批判する声も大きかったものの、一方で「懲戒免職は不当」「停職中であって自宅軟禁ではない」などと対抗する声も大きかったため、両社が対立して盛り上がる形で炎上が膨れ上がった。

<解説者>
株式会社エルテス ソーシャルリスクアナリスト 清澤 秀彰
プロフィール:
東京大学法学部卒業後、株式会社エルテスに入社。予防ソリューショングループで数多くの案件のリスク分析を行う。特に炎上案件の分析を得意とする。

■株式会社エルテスについて
リスクに特化したビッグデータ解析を強みに、ソーシャルリスクを中心としたデジタルリスクを検知・解決するテクノロジー企業。デジタルリスクとは、インターネット上の風評・情報漏洩・従業員の不正・産業スパイ等、企業の競争力にも影響を与える重大なリスクを指し、当社ではそのデジタルリスクを分析する事で、企業が抱える課題を解決するサービスを300社以上に提供している。

[会社概要] 社名 :株式会社エルテス
代表者 :代表取締役 菅原貴弘
所在地 :東京都港区新橋五丁目14番10号
設立 :2004年4月28日
資本金 :504,890,400円 (2016年3月末日現在。資本金準備金を含みません。)
URL :https://eltes.co.jp/
主要株主 :菅原貴弘、株式会社産業革新機構、株式会社電通、株式会社NTTドコモ・ベンチャーズ等
事業内容 :リスク検知に特化したビッグデータ解析によるソリューションの提供

関連記事

厳選企業プロファイリング

  1. キャプチャ
  2. 11057752_818061671598017_8698351827439861532_n
  3. 1922419_701987179888493_5801463508952180540_n
  4. kidslinewebtop
  5. rogo
  6. 1507075_250150378489634_1561007240_n
  7. czMjYXJ0aWNsZSMzMDQ5OCMxNDkwMzAjMzA0OThfc29rZXVRakN6cC5wbmc
  8. inbloomtop
  9. sqbizteclogo
  10. logo_uzuz
ページ上部へ戻る