インターネット広告をクリックした人、不快に感じる人は何割?

FireShot Capture 353 - インターネット調査・アンケート調査ならマイボイスコム - http___www.myvoice.co.jp_
LINEで送る
Pocket
Share on LinkedIn
Bookmark this on Google Bookmarks

マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、『インターネット広告』に関するインターネット調査を2016年5月1日~5日に実施し、11,474件の回答を集めた。
【調査結果】 http://myel.myvoice.jp/products/detail.php?product_id=21414

━━<< TOPICS >>━━━━━━
■直近1年間にインターネット広告が表示された人のうち、広告をクリックした人は「意図的に」「間違えて」各3割弱、「広告を閉じた」は2割強
■インターネット広告をクリックした人のうち、意図的に「バナー広告」をクリックした人は7割強、「動画広告」「メール広告」は各2割強
━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆直近1年間に表示されたインターネット広告の種類、内容を読んだもの
直近1年間にインターネット広告が表示された人は96.5%。「Webサイト・アプリ閲覧時に、画面端に表示される画像の広告(バナー広告)」が77.3%、「Webサイト・アプリ閲覧時に、画面端に表示される動画の広告(動画広告)」が49.4%、「Webサイト検索時に表示される文章の広告(リスティング広告)」「メールマガジン内の広告(メール広告)」「動画サイトの動画視聴時に表示される、スキップできる動画広告」が各3割台となっている。インターネット広告が表示された人のうち、内容を読んだものがある人は6割強。「バナー広告」が30.5%、「動画広告」「メール広告」が各1割強となっている。

◆表示されたインターネット広告で行ったこと
直近1年間に表示されたインターネット広告で行ったことは、「インターネット広告の画像・動画やリンクをクリックした(意図的に)」「インターネット広告の画像・動画やリンクを、間違えてクリックした」が25~26%、「広告を閉じた」が24.0%となっている。
d7815-359-357738-0◆意図的にクリックしたインターネット広告
直近1年間にインターネット広告をクリックした人に、意図的にクリックした広告の種類を聞いたところ、「バナー広告」が73.2%で最も多く、「動画広告」「メール広告」が各2割強で続く。また、どのような場合に意図的にクリックしたかを聞いたところ、「興味がある商品・サービス」が81.9%、「キャンペーンやお得な情報がある」「印象に残る」「購入・閲覧・検索した商品やサービス等に関連する広告」が1~2割となっている。
d7815-359-225318-1 d7815-359-341184-2◆インターネット広告の商品・サービスで実際に利用したもの
直近1年間に表示されたインターネット広告の商品・サービス等で、実際に購入・利用・申込みをしたものは、「食料品・お菓子、飲料、アルコール」が14.6%、「衣類、衣類小物、装飾品」「化粧品、美容関連用品」が8~9%となっている。

◆インターネット広告についての考え方、不快に感じるインターネット広告
インターネット広告についてどう考えているかを聞いたところ、「関係のない広告が表示されるとイライラする」が33.6%、「気になるものや興味があるもの、面白いものなら内容を読む」が31.6%、「ブラウザやアプリの動作が重くなるので、わずらわしい」が26.9%。
インターネット広告で不快に感じるものは、「別画面やポップアップで自動的に表示される」が35.1%、「画面全体に表示される」が30.0%、「自動で再生される動画広告」「広告のサイズが大きい」「Youtube等の動画サイトの動画視聴時に表示される、スキップできない動画広告」「Webサイト・アプリ閲覧時に、画面端に表示される動画の広告(動画広告)」が各2割強となっている。

──<< 回答者のコメント >>─────────────────
◆インターネット広告で不快に感じた経験 (全5,060件)
・やってるアプリの最中に何度も表示される広告。(男性19歳)
・読んでる記事等と全く関連性がなく、また自分も全く興味のないジャンルであり常に表示される広告。(男性30歳)
・動作が遅くなりますので、時間のないときに調べものをしているときなどは煩わしく感じます。(男性40歳)
・クリックすると勝手に広告へマウスが移動する。(男性62歳)
・スマートフォンでネット小説を読んでいた際に、全画面にゲームの広告が出て、×を押そうとしても絶妙に押せず前のページに戻るか広告を押すかの選択肢しかなくなり不快であった。(女性19歳)
・購入したいものがあるのに、うまく押せない位置にある。(女性26歳)
・本当は広告をクリックしたくないのに、じゃまされて広告をクリックしてしまうように仕向けられた広告が表示されているとき。(女性49歳)
・画面いっぱいに広がっていて邪魔でイライラする。意地でも絶対に見ないし、開かない。(女性41歳)

──<< 調査結果 >>─────────────────────
http://www.myvoice.co.jp/biz/surveys/21414/

関連記事

厳選企業プロファイリング

  1. 1383389_618933884821120_246374072_n
  2. logo_uzuz
  3. logo_s
  4. キャプチャ
  5. usageelogo
  6. inbloomtop
  7. wiplogo_l
  8. kidslinewebtop
  9. csc_logo白背景用
  10. THINKJAM_logo2
ページ上部へ戻る