FireShot Capture 312 - WHITE BOARD(ホワイトボード)履歴書を利歴書に~求職者と企業を想いで結ぶ! - https___white-board.ne.jp_lp_
LINEで送る
Pocket
Share on LinkedIn
Bookmark this on Google Bookmarks

有限会社日本産業広告社(所在地:東京都千代田区飯田橋3-11-13 代表取締役:石原聖剛)は、お互いの価値観を大切にした求人サイト「WHITE BOARD(ホワイトボード)-ver.β-/履歴書を利歴書に~求職者と企業を想いで結ぶ!」(URL https://white-board.ne.jp)を、3月28日にオープンした。今までの求人サイトの概念を変えた仕組みで、求職者はお金を貰いながら仕事探しができて、企業は初期費用・掲載費用・成功報酬が0円で採用活動がおこなえる。企業が必要な費用は求職者の履歴書を開封する際に支払う2,500円のみ。

⬛︎WHITE BOARD誕生秘話
WHITE BOARDは、想いを持った人と、強い理念を持った企業の出会いを創出することで採用のミスマッチを解消し、世の中に楽しく働く人を増やす。従来の求人サイトは、想いを持った素晴らしい中小零細企業であっても価格面でのハードルが高く求人情報を掲載しにくい悩みがあった。その課題を解決することで、より多くの企業が集まる場を提供することができ求職者にとっても仕事の選択肢が増えることに繋がる。WHITE BOARDでは、働く企業選びと結婚相手や恋人を選ぶのは同じようなことで、お互いが必要だと感じ尊重し合えるかが大変重要だと考えている。求職者も企業もお互いの価値観を理解するための情報を提供し合うことで相性度が表示され、価値観の可視化ができる求人サイトにしている。求職者は、企業に対して「ホワイトボード」を使用して自分自身を自由にプレゼンテーションして欲しいとの想いから、サイト名はWHITE BOARD(ホワイトボード)とした。

⬛︎WHITE BOARD概要
求職者にとっては「お金を貰いながら仕事が見つかる」求職サイトで、企業にとっては「人材採用が2,500円からできる」求人サイト。正社員・バイト・パート・インターンの募集が可能。

czMjYXJ0aWNsZSMzNDAwMiMxNTkxNDcjMzQwMDJfRmlrc3Z4cmJYUy5wbmc

求職者が見ることの出来る企業検索ページ

⬛︎なぜ、お金をもらいながら出会えるのか
○仕事を探しながらお金が貯まる仕組み
求職者は自分の考え方や自分の性格、働きたい会社の社風など企業に公開されるプロフィール情報と、名前や電話番号、血液型、兄弟構成など企業には公開されない履歴書情報を登録する。企業は公開されている求職者のプロフィール情報を見て興味を持った場合には、公開されない履歴書を開封して求職者とコンタクトを取ることが出来る。企業から履歴書を一回開封されるごとに求職者には100pt(100円分)が贈呈され、1,000pt以上貯めると現金やアマゾンギフト券に換金できる。

○価値観の合う良い出会いを生む仕組み
キーワードは「相性度」。求職者が登録する「自分の考え方や自分の性格、働きたい会社の社風」などと同様に、企業にも「企業の理念や求める人物像、こんな社風の会社」といった情報を登録してもらう。双方の情報から相性度を分析し、数値(%)として相互に表示することで、価値観の合う良い出会いを生まれやすくしている。

○お金をもらいながら出会えるということ=『価値観を大切に』
求職者と企業が選考に進む前に、お互いの相性度や価値観、企業理念や人物像を知ることが出来れば採用に掛かる時間を短縮することができる。WHITE BOARDでは、企業が求職者に興味を持って詳細情報を取得するために費用を支払って履歴書を開封し、その一部を求職者に還元する仕組みになっている。今までの求人サイトの概念にはなく、企業は求職者に対して価値を感じて費用を支払うため、実際に選考に進んだ際には採用の可能性が高くなると言える。企業にとっては、掲載費型求人サイトよりも無駄がなく成功報酬型求人サイトよりも安価で、興味を持った求職者にだけコンタクトを取れるWHITE BOARDの仕組みは、求職者と企業がWIN_WINの関係を築くことができると考えられる。特に日本の約420万社の中小零細企業やベンチャー企業がより多く利用して頂けるような仕組みと価格にしている。

⬛︎WHITE BOARDだからこそできること
【求職者】
1)お金を貯めながら仕事探しができる
WHITE BOARDの最大の特徴は、企業に履歴書を開封されるとポイントが進呈され、現金やアマゾンギフト券に交換できるという従来の求人サイトにはない仕組み。
2)今の自分価値を客観的に知ることができる
企業から履歴書を開封される回数、お気に入り登録数、相性度などから、今の自分が世の中の企業からどれくらい需要があるかを知ることが出来る。
3)自分自身のことを理解することができる
通常の履歴書にはない「どうしてもこれだけは譲れないものは?」や「ちょっと自慢できること?」など、改めて自分自身のことを深く考え理解する機会になる。

【企業】
1)人材採用が2,500円からできる
人材採用に必要なコストは求職者の履歴書を開封する費用の2,500円のみ。初期費用も掲載費用も成功報酬も一切掛からない。開封した履歴書には「血液型」「兄弟姉妹」「生い立ち」など、通常の履歴書にはない項目があり、面接前に求職者のことが理解出来る。
2)求職者との相性度が分かる
登録した採用したい人物像の情報から求職者との相性度が表示される。また、求職者の写真や紹介文、プロフィールや人間性のグラフなど求職者情報の一部は無料で閲覧でき、自社の理念に合う人材かどうかの判断材料になる。
3)利用する度に歓迎金が貯まる
履歴書を開封するたびに、歓迎金支援ポイントが300pt(300円分)ずつ貯まる。貯まったポイントは採用した求職者に進呈する歓迎金として利用できるので、履歴書を開封して採用に至らなくても単なる無駄になることはない。

関連記事

厳選企業プロファイリング

  1. csc_logo白背景用
  2. usageelogo
  3. 1922419_701987179888493_5801463508952180540_n
  4. THINKJAM_logo2
  5. arrange_cat01
  6. 1383389_618933884821120_246374072_n
  7. 1507075_250150378489634_1561007240_n
  8. キャプチャ
  9. 11109558_1614708622079155_8990917846533106872_n
  10. rogo
ページ上部へ戻る