ネット行動ログ分析ツール『eMark+』からスマートフォン分析機能をリリース

FireShot Capture 310 - 競合サイト分析なら【eMark 】(イーマークプラス:emark plu_ - http___www.valuesccg.com_-_emarkplus_
LINEで送る
Pocket
Share on LinkedIn
Bookmark this on Google Bookmarks

ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻本 秀幸、以下「ヴァリューズ」)と、株式会社クレディセゾン(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:林野 宏、以下「クレディセゾン」)は、一般ネットユーザーの行動ログとデモグラフィック(属性)情報を用いてマーケティング分析ができるツール『eMark+』から、スマートフォン分析機能を新たに共同開発・リリースした。自社サイトへのタグ設定が一切不要、かつオンラインで簡単に分析ができるWEBサービス。

■ インターネット行動ログ分析サービス『eMark+』とは
ヴァリューズとクレディセゾンが共同でサービス開発を行った『eMark+』は、自社だけでなく競合他社や市場も含めた3C(Customer:市場・顧客、Company:自社、Competitor:競合)分析を、ひとつのデータソースから実現できる、インターネット行動ログ分析サービス。クレディセゾンのネット会員でモニター登録に同意を得た国内20万人規模の行動ログモニター会員による消費者パネルを活用し、インターネット上の行動データから、あらゆるサイトへのアクセス状況を分析できる。また、性別・年代・エリアなどのユーザー属性情報を統計的に把握できるほか、オプションでモニター会員へのアンケート調査も実施することができる。カード会員を用いた信頼性の高いサービスを評価され、市場調査をはじめ、集客拡大を図るための課題解決方法を発見するソリューションとして、金融・自動車・日用品メーカー・通販会社等、200社超の企業で導入されている。

■ スマートフォン市場の最新動向を把握できる新機能を開発
昨今、スマートフォン市場の急成長に伴いスマートフォンでのマーケティングがさらに注目を浴びている。そこで、ヴァリューズとクレディセゾンでは、成長著しいスマートフォンの市場調査や競合サイト分析ができる新サービスとして、『eMark+』から「アプリランキング」「サイトランキング」をはじめ、自社と競合他社を簡単に比較できる「基本指標」「ユーザー属性」などの機能を新たに開発。より多くの企業が活用できるよう、これらの新機能の一部を無料で提供する。(※6月15日までの期間限定キャンペーン)

d7396-43-754176-1■【eMark+】スマートフォン分析 機能概要
自社や競合など、気になるサイトを入力して訪問者数やPV数を簡単に比較できる競合サイト分析のほか、アプリの月次アクティブユーザー数やインストール数のランキング、ユーザーの性別・年齢・エリア・職業等の構成比まで、ブラウザ上で簡単に分析できる。
※スマートフォンのアプリやWEBサイトは、Androidでのユーザー数を集計し、モニター会員での出現率を基に、国内ネット人口に則して統計的に推測している

□General Overview ― 各種ランキングなどスマートフォン市場の概況を把握

・サイトランキング【期間限定|無料機能】
≫スマートフォンで集客に強いサイトはどこ?
スマートフォンのWEBサイト訪問者数を毎月ランキング。「ファッション」や「不動産」など業界を絞ったランキングも作成できる。

・アプリランキング【期間限定|無料機能】
≫スマートフォンで実際によく使われているアプリは?
スマートフォンアプリの利用ユーザー数や所持ユーザー数、アクティブ率を毎月ランキング。インストールだけでなく、実際に利用されているアプリを把握でき、Google Play上のカテゴリで絞り込みもできる。また、アプリを指定して、性別・年齢・エリア・職業などのユーザー属性を比較できる。

【事例紹介】ユーザーが実際に利用しているアプリのランキング

d7396-43-744307-2

□Site Analyzer ― 自社と競合のWEBサイト分析が簡単にできる

・ユーザー数推移【期間限定|無料機能】
≫気になる競合サイト、最近伸びている?
競合他社など、知りたいスマートフォンのWEBサイトを入力すると、ユニークユーザー数の月次推移を確認できる。性別やエリアなどユーザー属性での絞り込みも可能。サイトのURLはディレクトリを指定することもできるので、特定ジャンルのユーザー数を知りたい場合などにも便利。

・基本指標・ユーザー属性【有料機能】
≫自社と競合のサイトパフォーマンスやユーザー層の違いは?
競合他社など、知りたいスマートフォンのWEBサイトを入力すると、ユニークユーザー数、セッション数、PV数、直帰率、平均滞在時間などの基本指標を月次の推移で確認することができる。サイトは一度に5つまで入力でき、各サイトの訪問者の性別・年齢・エリア・職業などのユーザー属性を比較できる。

□Target Focus ― ターゲットユーザーの行動特徴やニーズをつかむ

・ターゲットユーザーがよく見ているサイトやコンテンツをランキング【有料機能】
≫コンテンツからターゲットのニーズを知りたい
自社サイトの訪問者などターゲットとなるユーザーが、他にどのようなサイトやコンテンツをみているか(併用サイト・併用コンテンツ)をランキング。ターゲットユーザーのニーズをつかみ、リーチしやすいメディアを発見したり、コンテンツマーケティングに活かすことができる。

d7396-43-571468-3■【eMark+】利用方法
アカウント発行後、すぐに利用可能。サイトへのタグ埋め込み等、一切不要で利用できる。

■【eMark+】に関する資料請求・お問い合わせ
http://www.valuesccg.com/emarkplus/

■株式会社ヴァリューズ http://www.valuesccg.com
■株式会社クレディセゾン http://www.saisoncard.co.jp

関連記事

厳選企業プロファイリング

  1. inbloomtop
  2. kidslinewebtop
  3. 1383389_618933884821120_246374072_n
  4. arrange_cat01
  5. 1922419_701987179888493_5801463508952180540_n
  6. 11057752_818061671598017_8698351827439861532_n
  7. キャプチャ
  8. logo_s
  9. sqbizteclogo
  10. 1507075_250150378489634_1561007240_n
ページ上部へ戻る