4人に1人が自身の勤務先を「ブラック企業」と認識!仕事・会社に対する満足度は?

FireShot Capture 243 - 与信管理のリスクモンスター -企業間取引の倒産リスク管理の為に- - http___www.riskmonster.co.jp_
LINEで送る
Pocket
Share on LinkedIn
Bookmark this on Google Bookmarks

与信管理ASPクラウドサービスを提供するリスクモンスター株式会社(以下 リスモン、本社:東京都中央区 )は、第3回「仕事・会社に対する満足度」調査結果を発表した。

◆実施概要
調査名称 :第3回「仕事・会社に対する満足度」調査
調査方法 :インターネット調査
調査エリア:全国
調査機関 :2016年1月23日(土)~1月24日(日)
調査対象者:20~49歳の男女個人 600人
有効回収数:600サンプル

◆調査結果
~「サラリーマンの悲哀」を感じさせる結果に!~
毎年2月に発表している「仕事・会社に対する満足度」調査。「仕事・会社に対する勤続意欲」は、前回同様「今後も勤め続けたい」(回答率63.7%)が「勤め続けたくない」(同36.3%)を大きく上回る結果となった。第3回となる今回は趣向を変え、自身の勤務先が「ブラック企業と思うか」との意識調査を加えたところ、「勤務先はブラック企業だと思う」は回答率24.5%となり、「勤務先はホワイト企業だと思う」の回答率75.5%を大きく下回ったものの、おおよそ4人に1人は自身が勤務する企業がブラック企業だと感じているという驚愕の結果となった。さらには、男女別・年代別・未既婚別のいずれにおいても約4分の1がブラック企業と回答している。ブラック企業意識の有無と勤続意欲の関連性では、「勤務先がブラック企業だが、今後も勤めたい」が回答率33.3%と、3人に1人が自身の勤め先をブラック企業と認識しながらも勤め続ける意思を示しており、特に家庭を支えなければいけない40代や既婚者においては、その比率が4割程度にまで高まるなど、生活の安定や家族を守るために過酷な労働を享受するサラリーマンの悲哀を想像させる結果となった。

※詳細な内容
http://www.riskmonster.co.jp/rm-research/

◆総評
同調査により、性別や年齢、婚姻の有無によって多少の差はあるものの、4割弱が現在の勤務先に「勤め続けたくない」と考えていることになった。その理由は様々に考えられるが、勤務先を原因とする大きな問題として、「無謀な目標を立てさせ、過度な心理的圧力をかける」、「劣悪な環境下での仕事を強いることで、疲弊する従業員を使い捨てにする」などといった行為を行う企業、いわゆるブラック企業の存在が挙げられる。同調査では4人に1人は、「自身が勤務する企業がブラック企業だと感じている」という結果となった。この数値は驚くべき水準である。「仕事をする、会社に勤める」モチベーションを持つ人が、健全にモチベーションを維持して働き続けるためには、働く側も、ブラック企業で無用な「チャレンジ」をせずに済むよう、仕事内容や会社に対しての十分な情報を収集し分析を行う「与信判断」が不可欠な世の中になっている。
しかし、ブラック企業さえ避ければ、働くモチベーションを維持できるということでもない。勤続意欲が低下する大きな要素として「満足な収入が得られない」ことが挙げられるからでである。一方、「高い出世意欲を持つことで、精力的に仕事を行い、結果として高い収入を得て、それがまた働くモチベーションになる」ということも十分ありえる。つまりは、働き手が向上心や目的を持って働いているか、によって仕事の成果ややりがいにも差が生じ、結果として働くモチベーションにも差が生じやすくなるということである。
近年では、ワークライフバランスといった考え方をはじめ、働き方の多様化が進んでおり、それに伴って労働者派遣法の改正やホワイトカラーエグゼンプションといった制度の整備も叫ばれている。しかし、多様化した働き方によって、皆が皆、仕事に充実感を得られているかといえば、必ずしもそうではないようだ。
企業にとって労働力は、収益の源泉。今後も企業が「多様化する労働力」に対して安定確保を図っていかなければならないとすれば、働くモチベーションを高く持つ労働力をきちんと見極め、育てていくことが重要となる。上記の制度がそのための制度であることを、労働者に十分に理解させた上で、その働き方を問い、安定した労働力に育てていくことが今後の企業には求められるといえる。

■リスモンの概要(東京証券取引所ジャスダック上場 証券コード:3768)
2000年9月設立。同年12月よりインターネットを活用した与信管理業務のアウトソーシングサービス、ASPサービス事業を開始。以来サービス分野を拡大し、現在は与信管理サービス、ビジネスポータルサイト(グループウェアサービス等)およびBPOサービスの3つを中核事業と位置づけ、事業展開している。リスモングループ法人会員数は、2015年12月末時点で10,288(内、与信管理サービス等 5,182、ビジネスポータルサイト等 3,134、その他 1,972)となっている。
http://www.riskmonster.co.jp

関連記事

厳選企業プロファイリング

  1. rogo
  2. キャプチャ
  3. キャプチャ
  4. csc_logo白背景用
  5. sqbizteclogo
  6. 1507075_250150378489634_1561007240_n
  7. wiplogo_l
  8. 11109558_1614708622079155_8990917846533106872_n
  9. 1922419_701987179888493_5801463508952180540_n
  10. 1383389_618933884821120_246374072_n
ページ上部へ戻る