企業からの情報取得に「メール」が安定した人気 ~ LINEは対前年約2倍の伸び

FireShot Capture 218 - エクスペリアンジャパン株式会社 - http___www.experian.co.jp_
LINEで送る
Pocket
Share on LinkedIn
Bookmark this on Google Bookmarks

エクスペリアンジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 CEO:有田道生、以下エクスペリアンジャパン)は、「メール&クロスチャネルユーザー動向調査2016」を発表した。同レポートは、10~60代の 男女を対象にインターネットアンケート調査を実施し、ユーザーが接するコミュケーションチャネルの最新利用実態を毎年まとめているもの。headimage近年のネットワーク環境の高速化とデバイス・メディアの多様化は、ユーザーの行動・意識にも変化をもたらしたと言われている。同調査結果からも、ユー ザーが接するコミュケーションチャネルの多様化、行動・意識の複雑化が明らかになった。もはや全てのユーザーに対し、全てのチャネルを網羅したマーケ ティング活動は極めて困難な状況と言えるだろう。企業のマーケティング活動を成功に導くためには、自社のユーザーを知り、適切なチャネルで適切なコミュ ニケーションを実現することが不可欠である。

◆「メール&クロスチャネルユーザー動向調査2016」(抜粋)

1. ユーザーが企業からの情報取得・閲覧に利用するメディアの割合は依然としてメールがNo.1
95.4%がメールを利用、次ぐLINEは対前年の約2倍と急激な伸びを見せ68%が利用
→ LINEの伸びは顕著。自社のユーザーの年代によってはメールに加えてLINE対策も視野に入れるべきだろう

fd616c5611

2. 30代以上のユーザーにおいては、企業からの情報収集・検討・購入のきっかけとなる
メディアとしてメールがNo.1。20代以下ではLINE、Twitterの寄与度がメールに迫る
→ 20代以下のユーザー層に対しては、LINE、Twitterでのアプローチも効果が期待できる

2

3. 全ての年代において、メールマガジンをスマートフォンで閲覧する割合が増加
パソコンでの閲覧は減少。特に20代以下、30~40代におけるノートPCの減少が目立つ
→ スマートフォンでの閲覧を考慮したメールクリエイティブ制作は今後の重要課題と言えるだろう

34. LINEアカウントのアクティブ率は全ての年代において90%を超える
Facebookは30~40代、Twitter、Instagramは20代以下でのアクティブ率が高い
→ 今後は、自社のユーザー層と各SNSの特性を考慮したコミュニケーションがより重要となるだろう

4

以上の結果から、これからの企業とユーザーの適切なコミュニケーション戦略を考える上では、メールに加えSNSが欠かせないことが見て取れる。中でも LINEの伸びは著しく、対前年で2倍近い伸びを見せた。特に20代以下のユーザーとのコミュニケーションには欠かせないメディアとなってきていると 言えるだろう。またLINEの企業アカウントはスタンプ取得目的で追加するユーザーが多いイメージがありますが、適切なコミュニケーションさえ実現でき れば充分に有効なメディアとも言えそうだ。一方で、30代以上のユーザーに対してはメールでのコミュニケーションが依然有効なことも見逃せない。さらに利用デバイスのスマートフォンへのシフトを考慮すれば、スマートフォンを意識したメールクリエイティブ制作も今後の重要課題と言えるだろう。この他にも同レポートには、スマートフォンでのメール閲覧に際しユーザーが感じるストレスを感じるポイントや、企業のメールマガジンに対するユーザーの態度、スマートフォンアプリの利用状況などもまとめられている。全文は下記よりダウンロードできる。
https://www.experian.co.jp/form/cd371.html

◆調査概要
調査主体:エクスペリアンジャパン株式会社(マクロミルモニタ※を利用)
調査対象者:全国、10~60代の男女、スマートフォンを保有して1年以上経過している人
調査手法:インターネットによるアンケート調査
調査実施期間:2016年1月14日~17日
サンプル数:416サンプル(15~19歳、20~29歳、30~39歳、40~49歳、50~59歳、60~69歳×男女にて均等割付)
設問数:30問
※株式会社マクロミルがインターネット上で募集し、自社管理するアンケート専用モニタ

● エクスペリアンジャパン株式会社について●
1999 年12月設立。世界各国でデータや分析ツールを提供しているグローバルな情報サービス企業であるエクスペリアングループとしての強みと、日本国内での累計 5,300社以上の取引実績を生かし、マーケティングサービス、海外企業調査サービス、意思決定分析サービスを軸に事業を展開。マーケティングオートメー ションやメールマーケティングソリューション、企業信用調査報告書、金融機関向けの与信戦略管理や不正対策ソリューションを提供している。
http://www.experian.co.jp

関連記事

厳選企業プロファイリング

  1. czMjYXJ0aWNsZSMzMDQ5OCMxNDkwMzAjMzA0OThfc29rZXVRakN6cC5wbmc
  2. 1383389_618933884821120_246374072_n
  3. usageelogo
  4. THINKJAM_logo2
  5. arrange_cat01
  6. csc_logo白背景用
  7. d11508-16-850546-3
  8. キャプチャ
  9. 1507075_250150378489634_1561007240_n
  10. inbloomtop
ページ上部へ戻る