アジア5ヶ国・地域の給与と雇用の実態調査~ヘイズ アジア給与ガイド~

FireShot Capture 159 - ヘイズ・ジャパン グローバル、バイリンガル人材・外資系企業への転職をサポート - http___www.hays.co.jp_index.htm
LINEで送る
Pocket
Share on LinkedIn
Bookmark this on Google Bookmarks

外資系人材紹介会社のヘイズは、日本・中国・香港・シンガポール・マレーシアの3000社(総従業員600万人超)を対象に、1200種の職務における給与水準を調査した。加えて雇用の実態に関する調査をまとめた「ヘイズ アジア給与ガイド」を発表。 2008年から毎年発表している調査で、今回で9回目となる。

◆主な調査結果
・今後の昇給率予測:日本の63%が最大3%、中国では60%の企業が6%以上、香港、シンガポール、マレーシアは大多数の企業が3-6%と回答(2)
・マネジメント層や高度なスキルを必要とする職務においては、中国、香港、シンガポールの報酬水準が日本を上回る傾向(3)

1:今後1年の昇給率見込み(アジア平均)

d8738-90-353653-2

2:今後1年の昇給率予測(国・地域別)

d8738-90-632946-1
3:主な職務の給与比較(ヘイズ アジア給与ガイドより抜粋)

1

d8738-90-409061-4

3
*2016年1月22日現在の為替レートで計算1人民元=18.06円、1香港ドル=15.23円、1マレーシアリンギット=27.63円、1シンガポールドル=83.06円
*役員秘書、営業部長(製薬)、銀行窓口、CFO(多国籍企業)、FP&Aディレクター、金融アナリストはボーナスを含まない。それ以外は支給されているパッケージ全てを含む

この他、従業員への意識調査の結果、調査を行った他の国々(地域)における転職動機は「給与」が最大の動機となっている一方で日本人は「新たな挑戦」となっており、転職動機には明確な違いがあることが明らかになっている。しかしながら、国内外での人材獲得、流出防止という観点からも給与は大変重要な要素であり、ヘイズ・ジャパンでは、評価制度の見直し、給与水準のアップデート、リテンション対策の強化を提言している。

調査の詳細については「ヘイズ アジア給与ガイド」参照
http://www.hays.co.jp/salary-guide/index.htm

◆ヘイズについて
ヘイズ(本社:英国)は、グローバルな人材サービスを提供するスペシャリストの人材紹介会社。2015年6月30日現在、世界33カ国*、240の拠点(総従業員9,023人)において、20の専門分野に特化したハイスキル人材サービスを提供している。

◆ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(ヘイズ・ジャパン)について
ヘイズの日本法人として2001年に東京で設立されたヘイズ・ジャパンは、日本で唯一、4つの国内拠点(日本本社、新宿支店、大阪支店、横浜支店)を有する外資系人材紹介会社。13の専門分野(経理・財務、金融、ファイナンステクノロジー、人事、IT、保険、法務、ライフサイエンス、オフィスプロフェッショナル、不動産、セールス・マーケティング、サプライチェーン、マニュファクチャリング)に精通した経験豊富なコンサルタントが、「正社員紹介」「契約・派遣社員」「採用アウトソーシング(RPO)」「ITソリューションズ(業務委託)」の4つのサービスを提供し、企業の人材採用と個人のキャリアアップを支援している。

関連記事

厳選企業プロファイリング

  1. キャプチャ
  2. d11508-16-850546-3
  3. czMjYXJ0aWNsZSMzMDQ5OCMxNDkwMzAjMzA0OThfc29rZXVRakN6cC5wbmc
  4. rogo
  5. inbloomtop
  6. 1383389_618933884821120_246374072_n
  7. logo_uzuz
  8. wiplogo_l
  9. sqbizteclogo
  10. rogo
ページ上部へ戻る