共働き家庭の課題を解消!キッズライン(KIDSLINE)と夫婦のコミュニケーションアプリが提携

Lifull FaM(ライフルファム)
LINEで送る
Pocket
Share on LinkedIn
Bookmark this on Google Bookmarks

株式会社ネクストの100%子会社、株式会社LifullFaM(代表取締役社長:秋庭麻衣)は、1時間1000円〜即日も予約手配可能なベビーシッターサービス「キッズライン(KIDSLINE)」を運営する株式会社カラーズ(代表取締役社長:経沢香保子)と提携し、夫婦のコミュニケーションアプリ「Lifull FaM(ライフルファム)」から、ベビーシッターをその場で探し、予約することができるサービスを開始した。

d15018-2-484083-0

■「Lifull FaM」の概要 http://lifull-fam.com/appinfo/
「Lifull FaM」は、毎日忙しいパパとママを応援する連絡帳アプリ。コンセプトは「パパとママでチームになろう」。このアプリひとつで、子どもの写真やスケジュールの共有、夫婦間のコミュニケーションができる。子どものこと、夫婦のこと、どちらも大切に、パパとママがより良い関係で子育てしていけるよう応援する無料の家族向けクローズドSNSである。
【iPhone】 http://bit.ly/17KAEi0
【Android】 http://bit.ly/1A1xot8

■サービス提携の背景
女性活躍推進を背景に、政府は今後、第1子出産後の継続就業率を2020年には55%に、女性管理職比率を2020年には30%に高める目標を掲げており、子どもをもつ女性の活躍がますます期待されている。※1
Lifull FaMでは、「パパとママでチームになろう」をコンセプトに、ママだけではなく、夫婦で一緒に育児をすることを推奨することで、働く女性を応援してきた。
さらに今回、即日予約も可能なソーシャルシッティングサービス「キッズライン(KIDSLINE)」と提携することで、忙しい夫婦二人では解決できない時の子育てのソリューションを提供し、共働き家庭を応援していく。
※1 数値はすべて「内閣府男女共同参画局 第3次男女共同参画基本計画」より引用

d15018-2-450518-1

■サービス提携のメリット
・夫婦のスケジュール調整からすぐにシッターを探し予約することができる!
Lifull FaMのスケジュール機能では、パパとママの予定を共有することができる。
そこで、夫婦の予定が重なってしまい、調整することができない時に、アプリ内のカレンダーからその日に予約可能な「キッズライン(KIDSLINE)」のシッターをすぐに探すことができる。
・依頼するベビーシッターについて夫婦で相談できる!
子どもを預ける時は、どんな人に頼むのか夫婦で慎重に選びたいもの。「キッズライン(KIDSLINE)」には面談研修を経た安心のシッターが200名以上登録(2015年12月現在)。保育関連資格を保有するシッターの他、英語やピアノが教えられるなど、多彩なシッターが多く登録している。オンラインで詳しく写真やプロフィールを見ることができるので、Lifull FaMの夫婦のコミュニケーション機能を使って、我が子にぴったりのシッターを見つけ、その場で予約することが可能。

■シッターサービス“KIDSLINE(キッズライン)”について https://kidsline.me/
「キッズライン」は通常のベビーシッターサービスの3分の1の値段で1時間1,000円~即日手配も可能なオンラインベビーシッターサービス。従来のベビーシッターサービスをシェアリングエコノミー化する事で価格の安さと安全性を両立した。また、オンラインのメリットを活かし、事前に全シッターの詳細なプロフィールが見られるばかりではなく、利用者全員の口コミ評価や、Facebookで繋がる友人の利用シッターがわかるなど、安心して手配する事が出来るため人気。日本最大級のビジネスプランコンテストIVSLaunchPad2015の優勝でますます注目が集まり、個人のみならず法人導入も盛んで利用の裾野を広げている。

■株式会社Lifull FaMについて  http://lifull-fam.com/
社名 : 株式会社Lifull FaM
代表者:  秋庭 麻衣
設立: 2014月10月1日
資本金 : 3450万円
事業内容: 子育てに関するアプリ事業 WEBサイト運営、その他事業
コーポレートビジョン :
「わたしたちは子育てと仕事の両立を目指すパパとママを支援することで、笑顔あふれる幸せな家族を増やす」

d15018-2-800564-2<代表プロフィール>
2003年に新卒1期生として株式会社ネクストに入社し、不動産・住宅情報サイト『HOME’S』の営業を経験。
ネクストで第1号となる産休・育休を取得するが、育児をしながら働くには会社のサポート体制が不足していると感じ、経営陣に自ら新たな施策を提案。子どもが病気等になった時に取得できる看護休暇や、働く時間を短縮できる短時間勤務など、複数のサポートをまとめた「ワーキングマザー・ファザー支援施策」は現在子どもを持つ多くの社員に活用されている。
育休から復帰後は、時短勤務を続けながら人事部で新卒採用や人材育成を担当。通常業務の傍ら、仕事と子育ての両立で直面する問題を解決したい、という強い想いから社内の新規事業提案制度にて、子育てコミュニケーションアプリを提案。新規事業として承認され、2014年10月に子会社「株式会社Lifull FaM」を設立。社長としてサービスの立ち上げを行う。1児の母。「ワーママ・オブ・ザイヤー2015」大賞を受賞。

■株式会社ネクストについて (東証第一部:2120、URL:http://www.next-group.jp/
株式会社ネクストは、「不動産業界の仕組みを変えたい」という信念のもと、1997 年に設立。主要サービスの『HOME’S』は、総掲載物件数No.1(※)の不動産・住宅情報サイト。現在は『HOME’S』のアジア展開、世界最大級のアグリゲーションサイト「Trovit」の運営等、世界46ヶ国でサービス提供。また、2014年より展開を開始したサービスブランド「Lifull」では、暮らし全般に関わる各種サービスを運営し、人々の自分らしい生き方をサポートしている。
今後も、「あなたの『出逢えてよかった』をつくる」をコーポレートメッセージに掲げ、一人ひとりが自信を持って未来に踏み出せる世の中をつくるため、常に人々の生活に寄り添い、誠実に、思いやりをもって一人ひとりにぴったりの情報を提供していく。
※リサーチ・アンド・ディベロプメント調べ(2015.3.16発表)

関連記事

厳選企業プロファイリング

  1. rogo
  2. キャプチャ
  3. d11508-16-850546-3
  4. キャプチャ
  5. usageelogo
  6. logo_s
  7. THINKJAM_logo2
  8. 11109558_1614708622079155_8990917846533106872_n
  9. kidslinewebtop
  10. arrange_cat01
ページ上部へ戻る